待望の治療薬も治験があってこそ生まれる

2020年の初頭より人々の暮らしに大きな影響を与えている新型ウイルスの蔓延ですが、今も世界各地から関連するニュースが入ってきています。

中でも注目が集まりやすいのが、治療薬やワクチンの開発に関するものです。それだけ実現が待望されていることの表れと言えますが、その際によく聞かれるのが、治験という言葉です。この治験というプロセスは、医薬品の開発に欠かせないプロセスとなっています。治療薬やワクチンは人々の影響に大きな影響を及ぼすことから、多くの国では政府が承認しなければ一般に販売することができません。承認するかどうかを判断するには、その有効性や安全性を示すさまざまなデータが求められます。このデータを集めるために行われる試験が、治験です。

治験は一般の患者や健常者などを対象として、臨床試験形式で行われます。すなわち、被験者が医療機関に入院したり通院したりしながら薬の投与を受け、さまざまな体調の変化を観察・記録します。被験者自身の安全を考慮しなければならないため、そのプロセスは国が定めた基準にのっとって進められます。たとえ実用化がどれほど待望されている薬であっても、このプロセスによって有効性等が証明されない限りは、承認薬として出回ることがありません。それだけ重要性が高いと同時に、参加する被験者は社会的にも意義のある役目を担っていると言えます。新型ウイルスの治療薬やワクチンも、世界のさまざまな場所で治験が実施されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *