治験は世のため人のため

医療機関を利用していると、時おり担当医師から「未承認の薬を使ってみないか」と尋ねられることがあります。

医薬品が広く使用されるためには国の承認が必要であることはよく知られていますが、実は一定の条件を満たせば承認前でも使用が認められています。先進医療制度や患者申出療養制度などを利用するケースがこれに該当しますが、治験に利用する場合もその1つです。治験とは、海外ではすでに承認済みであったり国内で開発の最終段階にあったりする薬を、実際にヒトに投与してみて有効性や安全性などを検証する臨床試験のことをいいます。これによって得られたデータは、製薬会社が国に対して承認申請を行う際に添付される資料の基礎となります。つまりその薬が承認薬となるかどうかを左右する、重要なプロセスということになります。

治験に参加すれば、まだ市場に出回っていない新薬をいち早く試すことができます。場合によっては、長年苦しんできた持病が劇的に改善する可能性もあります。もちろん、有効性がまだ確立されていない薬ですから、というより治験そのものがその有効性を調べるためのものですから、期待したような薬効が得られないということも起こり得ます。また、治療薬を服用していると思っていたら実は比較対照用の偽薬であったということもなくはありません。それでも、多くの人を救うかも知れない新薬を世に出すための手助けができるとなれば、非常に意義のある行いだと言えます。参加を誘われた時は、その点を踏まえて検討してみるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *