治験はどんなことをしているのか

薬の開発に必要不可欠な治験ですが、情報が少ないことや映像などで公開されていないので、なにをやっているのか不安に思う方も多いでしょう。

確かにお店のように中の様子がオープンにされているわけではないので、なにが行われているのかわからないです。ただ、それは治験に参加している個人の情報を守ったり、開発途中の薬などの情報は機密情報なので、あまり情報を表に出していないだけです。参加者には十分な説明もありますし、質問もできますので知らない状態で参加することはありません。納得したうえで参加できますし、途中でやめたいと思えばキャンセルもできます。実際に参加するには試験をする薬にあった症状や体質の方が選ばれます。そのため事前に検査や問診などを行い、適した方だけが参加出来ます。

このときには薬の開発目的だけではなく、試験を行ううえで十分対応できるかどうかの、一般的な健康チェックもしてくれます。つまり、薬の効果を検証できる方の中で、さらに健康問題がない安全に対応できるかどうも判断してくれます。決して無理をして治験を受けることはないので安心です。試験や1回だけの内容から通院して何回か検査を受ける内容、さらに入院するタイプもあります。薬を使っての体の変化などのデータをとりますので、指示通りに動く場面もでてきます。ただ、医療従事者が常にいるので、些細な変化もすぐに対応してもらえますし、制限事項以外は自由に過ごせることも多いので条件が合えば、治験は特別な方だけが行うものではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *